main
kitajima_sp

WORK 業務内容

社会のインフラを支える当社の
その土台を支えている自負

当社は鋼材や建築土木資材の販売だけでなく、工事現場で必要になる仮設資材や建設機械のリースも行っています。リース業務課は、その資材の手配や管理、メンテナンスを担っています。お客様と直接関わることは多くはありませんが、現場の効率化やコスト削減 、そこで働く人々が最大のパフォーマンスができる環境を支える仕事だという自負を持っています。河上金物が扱う「鉄」は、社会のインフラを支える重要なものです。リース業務課は、そのさらに土台を支える仕事です。

k01

PLEASURE 仕事のやりがい

先輩から教えてもらったことを
後輩へと返す

仕事は、毎日が勉強です。リース業務課は、お客様と直接 お目にかかることは多くないですが、リース資材や機器を通して現場を考えますし、他の事業部が扱う商品に振れることもあります。取り扱う商品が多い当社なので、覚えても覚えても新しいことがあって、停滞する暇がないくらいです。私が入社した頃は、周りに頼れるベテランが多く、たくさんのことを経験 させてもらいました。今は、私が若手にそれを返す時期だと思っています。「教える」ことの難しさ、そこから生まれる責任を感じてはいますが、新しい経験と勉強をさせてもらう時期だと思っています。

k02
k03

WORK-LIFE ワークライフバランス

終業後や休日は
趣味に没頭できる環境もありがたい

プライベートも充実しています。私は趣味が多くて、終業後や休日もなかなかに忙しく過ごしています。車をいじったり、最近はDIYにもはまっていて、家族に頼まれてテーブルやハンガーラックを作ったりしました。できばえもなかなか好評なんですよ。あとは、富山という環境柄と先輩の影響で、 釣りにもよく出かけます。一年中、 何かしら釣っていますね。あまり賑やかな場所が苦手な私には、ぴったりの趣味かもしれません。静かに、というつながりで言えばやってみたいと思っているのはソロキャンプ。ああでも、家族で行くキャンプも楽しそうだなぁ。リース業務課は 残業が 少ないこともあって、この会社に入社してからこうやって徐々に 趣味が広がっている気がします。

k04

MESSAGE メッセージ

k05

私は仕事を次の日に持ち越したくないタイプで、社内では残業が多い方かもしれません。
上司から注意されることもありますが、その方が私にとっては気持ちよく仕事ができるのである程度は認めてもらっているのかなと思います。当社が残業をしなければならないという話ではなく、河上金物はそれぞれの働き方を認めてくれるということです。会社という組織にはいろんな考えの人がいます。もちろん組織を成り立たせるためのルールは必要ですが、一人ひとりを認めることで最適なパフォーマンスができると判断している頼もしい会社なのです。

CLOSE